リュースパンドゥル

ナールスゲン® の力が活力を与える
コラーゲン、エラスチンの産生に
ハリーナースが力をくれる

現在アンチエイジングの新成分として注目されている「ナールスゲン®」。
コラーゲン生産を促進する成分「ナールスゲン®」を京都大学発のベンチャー企業が開発。
その「ナールスゲン®」を配合し、また当社独自の配合ビタミンカプセルによってアンチエイジングを促す化粧品がリュースパンドゥルから登場しました。

なぜナールスゲン® は
お肌に影響を与えれるのか

ナールスゲン®の特徴は、肌の線維芽細胞に直接働きかける部分です。
線維芽細胞とは、私たちの肌のハリや弾力のもとになるコラーゲンなどを作り出す細胞。
20代までは、皮膚の線維芽細胞が活発に働き、コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質がみずからのお肌で沢山作られます。

肌年齢の若い場合は新陳代謝もスムーズに行われるため、ターンオーバーが正常に働き、それによりハリと弾力のある若々しい肌を保つことが可能になります。
人のお肌は年齢とともに徐々にその力が失われ、皮膚への様々なダメージなどにより新陳代謝が鈍くなりコラーゲンやエラスチンを作り出す力が日々弱くなっていきます。

ターンオーバーが正常に年齢とともに働きが悪くなるため、それがもとで肌が荒れてしまうことも例外ではありません。

ナールスゲン® は、そんな肌の真皮層にある線維芽細胞に直接働きかけ、通常の2倍以上のコラーゲンを生成することが可能なアンチエイジングの新成分なのです。

ナールスゲン®京都大学、大阪市立大学の研究によって
世界で初めて開発されたエイジングケア成分です。

一般的に20代までは、皮膚の線維芽細胞が活発に働き、コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質がみずからのお肌でたくさん作りだされます。
しかし、加齢や紫外線ダメージなどによって皮膚細胞の本来持っている美肌機能は衰えていきます。
コラーゲンは、肌に弾力性とハリを与え、ツヤを増す美容効果をもつ繊維状のタンパク質で、皮膚真皮にある線維芽細胞によって産生されます。
皮膚のコラーゲンを増やすというはたらきに注目して開発された化粧品原料がナールスゲン®です。
また、コラーゲンの生成に関与するHSP47の生成促進効果で正しいコラーゲンの再生が行われます。

分子量が小さいので
浸透しやすい。

ナールスゲン®は通常のコラーゲンの何百倍も小さい分子です。
通常コラーゲンの分子量は10万~40万。

通常のコラーゲンを小さくしたものが「低分子コラーゲン」と呼ばれるものです。分子量が500~3000。

ナールスゲン®の分子量は331.26と小さく、水溶性なので、お肌に浸透しやすいのです。

ナールスゲン®の安全性。

ナールスゲン®は専門家が研究を重ね完成したもので、科学的根根拠のある成分です。
安全性の面においても多面にわたり試験をおこない、化粧品(原料)として必要な所定の試験を完全にクリアしています。
毒性や副作用は全くなく、肌荒れや健康トラブルも認められておりません。

ご使用方法

手のひらに適量を取り、使いたい部分へ塗布してください。

ハリーナールス
50g 8,000 円(税抜)